新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

チームで

おかげさまで。

それは「チーム力」。

誰しもが長所と短所がある。

その長所を生かし組織に貢献し、短所は補ってもらう。

本当は簡単なこと。

でも、プライドやしがらみ、遠慮、気まずさ等々、なかなか、力をかしてあげたり、仲間の手を借りたりすることができない。
「やってあげることは、その人の為にならない」といった論もある。逆に「やってもらうと、自分の力がつかない」という意見もある。


やはり目的と効果、効率性だと思う。

なんのために、誰のためにやるのか。やればどうなるのか、やらなければどうなるのか。そこを考えれば、すぐに答えがでるのに。

「チーム力」は「自分のため」であり、「組織のため」である。学校教育では、そこに「子どもたちのため」が含まれる。


もっとチームのみんなを信じてあげたいものだと思う。

今の勤務校のチーム力はとても高い!