新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

自分がやらない指導案をつくる

現職教育、教育実習生、研究授業は続く。

現職教育では事前に、教育実習生は授業時に(時には授業前も)、学習指導案の指導をもらいにくる。文言の書きぶりや内容等、直し(本当は直しはしたくないのだが)をする。

直している間に、だんだんと「自分だったら」という視点が入ってしまう。つまり、私の授業の指導案になってしまい、本来の先生の意図やクラスの実態が見えなくなってしまう。

これは、あまりいいことではない。なので、事後に気付いたことを述べるようにしたいのだが、いろいろと諸事情がでてしまい、私が「直す」ことになってしまう。


よくよく考えると、その授業は私にはできない。私は自分がやらない授業の指導案をつくっているのだ。結局は、私は授業をしたいんだろうな。指導案をつくるのが楽しくなってしまっている。病的だ。。。