新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

エリアメールの葛藤

台風による甚大な被害を受けた地域の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。なお、引き続き、命を守るための行動等おとりいただければと思います。


我が家も一晩中雨風の音がすごく、時々外の様子を見ながら過ごしていた。幸い、自宅周辺は大きな川も崖崩れが起きそうなところもなく、比較的安全な場所であった。


命あってのことであるのは確か。被害に遭われた方々にしてみたら嫌な思いになってしまうかもしれないが、一晩中エリアメールのアラームにやられてしまったという感も正直ある。寝られそうかなと思うと、アラームがなり。子どもたちが怖がらないようにと、私だけ違う場所で寝ようとしたが、ひっきりなしのアラーム。流石にイライラしてしまった。。。

同じ市町村で被害が発生している。だから、アラームは大切だしありがたい。河川の氾濫は今も現在進行的に発生中だ。このアラームがあるおかげで助かっている方がいるのも事実だろうから、無くしてはいけない。


でも、アラームの音量を自分で設定することはできないものだろうか。夜中に、家中のモバイル機器から大音量のアラームがなると、もうそれだけでパニックだ。


ということで、防災アプリを試してみようとも思う。

「特務機関NERV防災」

特務機関NERV防災

特務機関NERV防災

  • Gehirn Inc.
  • 天気
  • 無料



9月1日に提供を開始したばかりの防災アプリ。口コミはとてもよさそうだ。これにばかり頼るわけではないが、これを機会に防災意識を高めたい。もし、このアプリで差し支えないのであれば、緊急速報を解除してもいいかなぁ。