新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

ぼくらのうた

たまに記事にする「好きな歌」紹介(?)
娘や息子が小さかった時に、Eテレをよく見ていたこともあり、また、子どもの歌を運転中に聴くことが多かったため、童謡がけっこう好きだ。歌詞をよく見ると、単純でもどこか大切なメッセージがあるように思える。子ども向けなのだから当たり前といえば当たり前かもしれないが、大人として聴いてみても、忘れちゃいけない何かを教えてもらっているような気持ちになる。

これまで、このブログで紹介してきた「好きな歌」はいくつかあるが、思いの外、童謡を紹介しているのが分かる。


といっても2記事程度?


今日は「おかあさんといっしょ」でもおなじみ(?)の『ぼくらのうた』。横山だいすけさんと三谷たくみさんが、歌のおにいさん、おねえさんだったころ、よく番組で聴いていた。今も新しいおにいさん、おねえさんのもとで歌われているのかな?

やっぱり、「歌」の力ってすごいんだよなと改めて思わされる歌だ。運転中に歌を口ずさんでいる時もある。歌を聴いて涙を流す時もある。小さい子どもも歌に合わせて自然と身体を動かす。歌を聴かせると眠ってしまう。思いきり歌を歌うとスカッとする。

歌はどこかパワーをもっているんだろう。

なのに、私は「歌」に関することで、頭にくることが多い。そう「合唱命集団」だ。なんか、楽しそうに見えないんだよな。パワーを感じない。私だけか?指導者のメンツや功績、満足感のための「歌」になってしまっているような・・・。

だからこそ、聴きたい一曲だ。

今回は、この歌の作詞作曲した、岸谷香さんが歌うバージョンの歌詞を紹介する。ぜひ、聴いてみてほしい。

ぼくらのうた
~岸谷香バージョン〜

作詞:岸谷香
作曲:岸谷香


小鳥も木も風も 耳をすませば 歌ってるね
言葉はなくっても 心通わせているんだよ
いただきますのうた みんなのうた おやすみのうた
何気ない今日が 輝く


歌おう!泣きたい時は 涙なんて すぐかわいちゃうよ
うたごえは 元気を出す魔法
歌おう!嬉しい時も ブラボー 幸せをありがとう
うたごえは 神様のプレゼント


遠い遠い昔の まだ言葉がない時代にも
あたりまえに歌って あたりまえに踊ってたんだって
着ていたシャツの色 風の温度 交わした言葉
ときめいた瞬間に 飛んでく


例えば がむしゃらすぎて 歌も忘れちゃう日がくるだろう
長い人生 そんな日があってもいい
例えば 向き合えなくて 歌を聞けない日もあるだろう
待ちましょう 想い出にかわるまで


歌おう!頑張る時に すぐに 勇気100倍になる
うたごえは 最高級のエナジー


歌おう!さあこのメロディー 夢も未来もつかめそうさ
うたごえは いちばん光る 僕らの宝物