新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

神戸教員いじめ(?)問題について

神戸市で起きた教員による、教員に対してのいじめ(?)問題。

この問題についてふれるかどうか迷ったが、ちょっとだけ取り上げておこうと思う。

なかなか収束しない。まあ、加害者とされる4人の教員や前校長がなんかしらの処分がされるまでは、世論としては許せないのかもしれない。ネット上でもかなりの私刑が進んでいる。

それだけ衝撃的だったのだろうし、やはり、教員に対する風当たりは重い。このままフェードアウトにはならなそうだ。


世論では、「懲戒免職にしろ」「実刑にしろ」という意見が多い。私も個人的な意見としては、そのくらいしないと落ち着かないだろうし、被害教員や保護者の立場、また「高い給料をもらっている、守られている」と思っている方々にとってはその気持ちは強いだろう。

ただ、それぞれの自治体には「懲戒規定」があり、その「懲戒規定」でみると、おそらく「免職」にはならないだろう。しかも、単純に判例でみても、おそらく「実刑」にもならないのではないか。


一番気にされていることは、おそらく、この加害者の4人が今後教壇に立てるのかどうかということじゃないか。世論は「免職」や「実刑」になれば、この4人が二度と教員として戻れなくなるだろうという思いだろう。


もしかすると、4人にとっても裏の事情や経緯、忖度など、いじめ(?)をしなくてはいけなかったような状況があったのかもしれない。悪いと分かっていてもやる環境にあってしまったのかもしれない。

でも、それを入れても、許させることではなく、この4人のためにももう教員は諦めるしかないであろう。

ただ、あの謝罪文を見ると、そうは思っていない加害者もいるようにも感じる。ネットでも騒がれている通り、加害者自身が「自分も被害者だ」「周りが騒いだからこうなったのだ」のように感じている感が否めない。

もしかすると、なんとかこの状況を逃れて、また教壇に立とうとしているようにも思える。


それ以上に私が思うのは、この主犯格とされる教員の、文章能力のなさだ。よくあれで教員になれたと思うし、子どもたちにどのような「書くこと」の指導をしてきたのかと疑ってしまう。神戸方式(?)で呼ばれる教員のレベルってこんなものなのかと思うし、それだけで神戸の教員の質の低さも感じてしまう。



加害者にやめてほしいと思っている世論。なかなか世論の思う処分ができないであろう「懲戒規定」や「判例」。自分はそんなに悪くないと思っている加害者。そもそもの指導力がない教員。

こう見てみると、修正不可能なズレしかないのが分かる。それを教育委員会もどこか気付いているのではないか。だから、「家庭科室を改修する」とか「カレーを給食にださない」といった方策を打ち出さざるを得ないのだろうな。


おそらく、神戸市の教育委員会は、苦情処理で仕事にならないだろう。そのくらい大きな社会問題になってしまっただろう。