新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

就学時健康診断

小学校の先生方は身近かもしれないが、就学時健康診断が一段落した頃かと思う。
教育委員会の仕事だが、小学校の協力がかなり必要だ。結局準備から運営、保護者への通知等小学校でほぼやらなければならない自治体も多いだろう。


私の息子も先日就学時健康診断を受けてきた。ひと癖ふた癖ある息子だが、何事もなく終えられたらしい。知的発達スクリーニングもほぼほぼできたと本人は言っている。


この「知的発達スクリーニング検査」だが、マニュアル通りに実施しないと、意味をなさないという。つまり、検査官は決められた文言をそのまま話すことが大事であり、それ以下のこともそれ以上のことも話してはいけないという。子どもが自分の説明で理解できていなさそうであっても、追加で説明したり助言をしたりしてはいけないのである。当たり前のことをいっているかもしれないが、これがなかなか難しい。自分の説明が下手なのではないかと思ってしまうため不安になるのだ。


ここで少しでも正確な検査にならないと、小学校側も保護者側も、何より子どもにとってもプラスにならない。正確な診断はでなくても、配慮が必要かどうか指標ができたり、知的レベルの目安が見えたり、今後の方針の一情報になったりする。決して、子どもが発達に遅れがあることを知らせたり、特別支援学校や特別支援学級に行かせたりするものではない。

でも、実際は点数が基準に届かないことをお知らせすると、激昂してしまう保護者もいる。「できない」ことを認めたくないということだが、そのこと自体が「できない」という判断をくだしてしまっているのだ。


それに、幼稚園や保育所などで、この知的発達スクリーニング検査の練習をするところもあるらしい。もはや意味不明だ。

誰のためにやる就学時健康診断なのか。親を安心させるためなのか。だとしたらやらなくてもいい検査だ。少しでも子どもたちにとって、良い教育を受けさせるための就学時健康診断になってほしいものだ。