新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

能力は自信に支えられる

校長先生はほめ上手だ。

とにかくほめてくださる。

教頭、教務、養護教諭に主査が入れ替わった今年度。しかも教頭、教務は新任ときた。校長先生は不安だったに違いない。

不安だったどころか、至らないところも多かったはずだ。

でも、校長先生はとにかくほめてくださるのだ。最高の組織だと言ってくださる。

その価値付けが私の自信につながり、私のもつ力を十二分に発揮することにもつながっている。

結局は、自己肯定感や自己有用感、自己存在感を自覚し、それを経験値として吸収するからこそ、レベルアップするのだと思う。

だから、私は確実にレベルアップしていると思う。そして、それは校長先生が私を認めてくださるからに他ならない。


これは、子どもたちに対する接し方にもいえる。やっぱり、子どものよさをしっかりと見取り、価値付けてこそ、子どもは成長するのだ。そして、それが確固たる自信につながり、学びは確実な知識・技能となっていく。


単純なことなんだよなぁ。なのに、管理職としても、教員としても、授業者としてもなかなかそれができないんだよなぁ。。。