新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

息子:「ゲームは飽きるんだよな」

今日で11月も終わり。
早くも師走突入である。

12月といえば、クリスマス。

そろそろサンタさんにお願いしたいものを考え、それをサンタさんに伝えなければならない時期である。

娘も息子も何をお願いするか迷っているようだ。改めてお願いするものを考えるのはけっこう難しいようだ。確かに、「何かほしいものある?」と聞かれても、なかなか思いつかないなと思う。


息子のDSが壊れている。そもそも息子のDSは息子用に買ったものではなく、従姉妹からおさがりとしてもらったやつだ。もともと自分のではなく、すごく古いのに、息子は文句をいわずに嬉しそうに使っていた。

そんなDSがついに壊れ、ソフトの読み込みができない状態だ。そこで、DSはどうか訪ねると、迷いながら、「ゲームは飽きるんだよな」との息子の答え。


息子も娘もあまりゲームにのめり込まない。たまにはやるのだが、すぐに飽きてやめてしまう。「ゲーム、ゲーム」と、ゲームに支配される子どもが多い中、ゲーム以外の遊びの方に楽しみを見いだせる息子も娘もいいなと感じる。