新米教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「(直されたところを)見るのが楽しみです」

自分のつくったもの(文書やおたより←同じか?など)を直されることに抵抗がある人はいる。

一生懸命考えたのに、朱を入れられるのが嫌だったり、そもそも自分に自信があったりするなど、それぞれだ。

こちらとしても、できるだけよい文章にしたいと思って直す。それは、その先生を守るためでもある。
例えば、主語と述語がズレていたり、目的語がよく分からなかったり、並列にしてはいけないものが並列になっていたりする文章をそのまま出してしまったら、その先生が力がないように見られてしまう可能性だってある。だからこそ、可能な限りその先生の意図を想像したり汲んだりしながら朱を入れるのだ。

でも、私にもこだわりがあり、前にも記事にしたが、朱を入れるからには対案を示すようにしているのだ。ただダメ出しをするだけでは、冷たいだけだと思うため、対案を示すことで責任をこちら側に来るようにさせるのだ。

とはいったものの、やはり文章を直されることはいい気分はしないだろうというのもよく分かる。


この時期の研修主任は忙しい。私も昨年まで研修主任をしていたのだが、研究のまとめ真っ盛りなのだ。

例に漏れず、勤務校の研修主任も研究のまとめで忙しくしている。大体のまとめが完成し、校正をお願いされた。

悩みながらも真摯に取り組んだ研究のまとめはとても温かさがあった。だからこそ、朱を入れた。

研修主任に返すとき、あんなにがんばっていたのに申し訳ないと思いつつ渡すと、その研修主任は「(直されたところを)見るのが楽しみです」と言葉をくれた。それは決して嫌味ではなく、心から「直してもらえてありがたい」という思いと、「どんなふうな文章にすればいいのか参考になる」といった向上心が見て取れた。

こんなふうに思えるのは本当にすごい。妥協せず、こだわりをもって真摯に取り組んだからこそ、こんな境地に達したのだろうなと思った。


こんな先生だっている。だからこそ、私も勉強せねばならない。見が引き締まる思いである。