しがない教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

家族をもつということ

結婚してまもなく15年。子どもも2人。普段の生活をしていると、それが当たり前になり、そこに存在していることになんの違和感も不安も感じなくなる。 先日、妻が検診でひっかかり、精密検査を受けることになった。今日、その結果が出たのだが、悪性ではない…

滑らないタイヤってあるの?

気が付くと年が明けて2021年が始まっていた。早い。。。 そして今冬は雪が多く、豪雪地帯という名に合った風景が見られるようになった。それはそれでちょっと安心する。昨冬の雪の無さといったらおそろしい。日本有数の豪雪地帯なのにスキーが1回もできなか…

価値観の価値に気付くには

西松屋のCMで流れるソングに心をひきつけられる。 軽やかな音楽に、ネガティブでもあり、ポジティブでもある歌詞。誰が歌っているのか、なんていう曲なのか調べてみると、「吉田山田」さんの、『好き好き大好き』という曲とのこと。「吉田山田」さんといえば…

金と銀は使わないという暗黙のルール【んじゃ、いつ・・・】

6年生理科における「てこのはたらき」の学習。教科書に「モビール作り」が紹介されている。重さ、吊り下げる位置(視点からの距離)、「つり合うということ」を意識させるのに適していると思い、やってみることにした。ストローと糸、折り紙を使ったおもり(?…

「去年はそれで通ったのに、どうしてダメなのですか」【現状維持は衰退】

今年は企画調整力が問われる年であり、その力の有る無しでその人自体の能力が見られるといっても過言ではない。体育主任の話。今年度、かなり苦しんでいる。いや、本人はそんなに苦しんでいないのかもしれないが、七学年ほか、学年の先生方が体育主任の姿勢…

それは本当に愚痴、文句なのか

持久走の季節。 体育の授業が持久走となる。おそらくあるある。「えぇーっ!」という怒号。「持久走やだ」というシュプレヒコール(?)。まあ、楽しいほかの体育の内容と比べると、持久走は明らかに苦しいためある程度は仕方がない。 持久走に限らず、時とし…