しがない教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

自覚と責任

勤務校の子どもたちは素直な子どもが多く、また保護者も協力的だ。そのため、いわゆる問題行動というものは起こりづらく、生徒指導面ではあまり問題がない。だからといって、生徒指導主事が仕事が楽だということ思ってはならず、その中でも積極的な生徒指導…

本中華 醤

給食がない臨時休校中は、毎日規則正しくカップ麺という身体によくない生活。でも、カップ麺をはじめとするインスタントラーメンはやっぱりやめられない。決してラーメンとは違う。そのカテゴリには入れてはならず、あくまで「インスタントラーメン」なのだ…

教員は休みではない・・・私はむしろ、、、

夏休みや冬休みなどの長期休業中、保護者や地域の方から、「先生たちは夏(冬)休み中は、休んでるんですよね」とよく聞かれる。おそらく教員あるあるだろう。となると、当然今回の臨時休業中の今も「この期間は、先生たちも休みなんでしょ」という言葉が。。…

基準がわからない

開店したてのとんかつ屋さんがある。あまり、外食はしづらいなぁと思い、お昼ごはんは、そこでやっている持ち帰り弁当にしようかということになった。別に外食してもいいと思うが、何かあった時に、行動を逐一聞かれるらしいので。。。いざ、行ってみると、…

買い占めだと思われてしまうことによるためらい

トイレットペーパーがない。あと1ロール。なんとか手に入れないと、、、ということで、買いに行くしかない。でも、売っていない。近くのスーパーは開店前から行列がてきている。みんなのお目当てはもちろんトイレットペーパー。開店と同時にトイレットペー…

見捨てるとは違う いい意味で諦めるということ

使命感、正義感、指導感が強い先生がいる。例えば、「宿題や課題は絶対にやらなきゃならない」とか、「親の役割は絶対にやらせたい」とか。それができないと、どんなに厳しくしても、やらせるという先生。思いは間違っていない。「その子をなんとかしたい」…