しがない教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

自分の強みと弱み

2020年が始まった。

去年は変化の年だった。なんせ職が変わってしまった。一気に事務職へと仕事内容が転換し、これまでの経験値を生かすことの難しさを感じていた。

担任として積み重ねてきた教員のスキルを教頭職に生かすことはもちろん大切だが、それだけでは成り立たず、いわば社会人として培ってきた汎用的能力をどれだけ生かすことができるかということが大切だと感じる。それは、判断力でもあるし、瞬発力でもあり、はたまた機動力も必要だ。この9ヶ月間はそれを味わった時間だったように思われる。


教員として必要な能力と仕事人として必要な能力、どちらもやはり必要であり、それが我々にとっての資質能力なのだろう。

そこで感じたのが私の強みと弱みだ。

私の強み、それは仕事の速さ、学習指導に関する指導力、情報機器活用能力かと思っている。教頭としてこれを生かさない手はもちろんない。それを今年はより一層フルに全面に出していきたい。

そして、私の弱み。それは経験値の無さ、勉強不足からくる管理面の指導力だ。そのために、判断も遅れてしまう。これは管理職として大きな欠点だ。今年はこの弱みをなんとかしなければならないと思っている。


私の強みと弱み。分かっただけではなんともならない。具体的にどう動いていくか。これを冬休み期間中に明確なビジョンとして整理していきたいと思う。


ということで、今年もがんばりましょう!