しがない教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

オセロ

昨日の夜、娘とオセロをした。

初めて娘とオセロをしたのは5年くらい前。娘がまだ幼稚園児の頃だった。

その頃私は毎日帰りが遅く、週に1日だけ早く帰れる水曜日に、娘とオセロをしたり、カルタをしたり、トランプをしたりして遊ぶことが習慣になっていた。

娘は欲がなく、負けても悔しがらず「また、負けちゃった」「やっぱりパパは強い」などとばかり話していたのを覚えている。
そんな娘がどこか切ないため、手加減しては何回に1回かは、娘に勝たせてあげていた。
今ではとても懐かしい思い出だ。


そして昨日、何年かぶりの娘とのオセロ。
面倒だなと思いながらも、たまには付き合ってやるかと思い、娘と対戦する。はじめは「適当に相手してやれ」と、あまり考えずにやっていたが、どうも昔とは違う。

娘の一手一手にたじろいでしまう。そう、かなり強いのだ。いつの間にか、私も考えずにはいられなくなり、表面上は「まだまだだね」などと言いながらも、心では、「どこに置こうかな、ちょっと不味いな」と焦っていた。


娘や息子も、気が付くと、私の知っている彼らではなくなっているんだなと改めて思う。
それが、嬉しくもあり、どこか淋しくもある。明日はまた、違う2人に成長しているんだろうな。その一時一時を大切にしないとと感じる。その一時は二度と戻らないんだよな。