しがない教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

教員は休みではない・・・私はむしろ、、、

夏休みや冬休みなどの長期休業中、保護者や地域の方から、「先生たちは夏(冬)休み中は、休んでるんですよね」とよく聞かれる。おそらく教員あるあるだろう。

となると、当然今回の臨時休業中の今も「この期間は、先生たちも休みなんでしょ」という言葉が。。。「いやあ、通常出勤なんですよぉ」と、適当に返すのがおきまり。

子どもが休みの時は、我々も休みなのだと思われているようだ。

長期休業中は、年休を取りやすいというのはあるかもしれないが、それなりにやることは多いんだよって正直思ってしまう。

むしろ、この臨時休業に伴っては、逆にやることは増えている(担任の先生方は仕事が捗るかもしれないが・・・)。私や教務は、臨時休業のせいで、余計な文書をつくらなければならなくなったし、卒業式の予定も縮小版につくりなおさなければならなくなったしで、仕事は増えている。もれなく、普段より仕事をしている。


そして、こんなことをいうと担任の先生方に失礼だが、日中ずっと担任の先生方が職員室にいると、息が詰まってしまうなと正直感じてしまう。変に気が抜けない気がしてしまって・・・。これがあと2週間くらい続くんだよなぁ。。。