しがない教頭の学校・職員室・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

9月入学論②

昨日に続き、9月入学論について。

ネットでも署名を集めている人もいるとか。

でも、現場からの意見はどのくらい発信されているのかな。

議論が必要な案件なのに、議論の時間がない。


文部科学省元事務次官の前川喜平さんの話が実に興味深い。



こういった議論は、通常であれば2、3年くらいかけて行われ、決まったとしても、猶予期間、移行期間としてまた数年かかると思われる。それをたんに4ヶ月くらいでやってもいいのか?しかも、世の中はコロナ対策でいっぱいのところ、議論は可能なのか?

そもそも会計年度で考えると、学校だけの問題ではなく、社会全体に関わることだろう。


グローバル化を謳っている方々もいるが、そもそも欧米のように2ヶ月ほどの夏休みはとるのか?

季節感を大切にしている、生活科や理科の教科書の配列は?

水泳の授業は?

体育的行事や大会は?

様々な方面から反対が出るだろう。


別に9月入学に反対ではないが、かなり危険で時期尚早過ぎる話しなのではないなと思う。